気軽に相談しよう

スマホを持つ男性

現金を持っていなくても専門サービスを利用することができます

ここ数年、テレビなどで債務整理専門サービスのコマーシャルを見かけることが多くなりました。あと数年経てば、全ての過払い金返還請求権が消滅時効にかかってしまいます。時効にかかってしまえばお金を返してもらうことができなくなってしまいますので、その前に債務整理しましょうと積極的に宣伝しています。そのコマーシャルを見て、もしかしたら自分も過払い金を取り戻せるかもしれないと思っても、手持ちのお金がないために、専門家の債務整理サービスを利用できずにいる人が少なくありません。しかし、金融業者から取り戻した過払い金の中から手数料を徴収するシステムにしている専門家が多いですし、債務整理相談を無料で行っているところが多いので、勇気を出して専門家の事務所を訪ねてみることをおすすめします。

自己破産手続きを取る人が少なくなりました

バブル全盛期によく聞かれた言葉に、「消費は美徳」「借金も財産のうち」などという言葉がありました。国全体が熱に浮かされたような状態になっていましたので、クレジットカードを利用して身の丈に合わない高額の買い物を繰り返す人がたくさんいました。その結果、ショッピング代金を返しきれず、自己破産手続きを取る人が続出しました。自己破産すれば全ての借金を帳消ししてもらうことができるのだからと、最初からカード破産することを前提にして買い物を繰り返すような人もいました。しかし、自己破産には様々なデメリットがあることが一般に知られるようになり、現在では、なるべく自己破産を避けようとする人が大半になっています。そのため、専門サービスを利用して、自己破産以外の方法で債務整理する人が多くなりました。