知っておきたい情報

計算機

大改正が行われた相続税

平成27年になって相続税の大改正が行われました。一例をあげると、基礎控除額が大幅に減額されました。相続税の基礎控除額はケースによって変動するので、具体的な金額はあげられません。ですが、どのケースでも40%の減額となりました。 このような大改正が行われた要因の一つには、相続税の課税割合があります。相続税の課税割合は数%ほどしかありませんでした。相続が100件あっても、数件しか納税すべきケースにならないということです。他の税金に比べると、税金を払わないでもすみやすかったのです。 消費税の増税も行われていますが、日本が借金大国である以上、増税は続くと考えられています。我々は、相続税を始めとして、税金により興味を持つ必要があります。また、そのための対策をしっかり行っていくことが求められます。

注意しておきたい非課税制度

相続税の改正で言えば、注意しておきたいものの1つが生命保険金です。相続税法には生命保険金について非課税制度が用意されています。多くの保険加入者は、この制度を節税対策に利用しています。 しかし、一時期この制度について改正が行われる話が出ていました。内容は非課税額を減額するというものでした。2011年にこの改正が行われる予定だったのですが、震災の影響で当時は改正されませんでした。 結果、今現在においても改正は行われていませんが、一度話が出た以上は注意が必要となります。改正され節税効果が減ってしまうかもしれません。もちろん、改正されずにそのままということもあります。 大事なのは注視しておくことです。早めに対処ができれば、対応することは難しくありません。相続税に関するニュースは聞き逃さないようにしましょう。