生前の対策が大事

ハンマーと本

遺される家族の為に行うべき事は

最近は相続対策の為に各地で様々なセミナーが行われていますが、それでも相続に関わるトラブルは相変わらず多く裁判にまで発展する例も少なくはありません。しかしその為に何をすべきかと言われても実際には何から手をつけたら良いのか分からない人も多いはずです。 まずは自分が死んだ時の事を考えて一度家族全員集め、遺産の総額を教えてどの様に分配するかを生きているうちに全員が納得する形で生前遺産分割協議を行い、各相続人の分配分を遺言状として公正証書に残しておくのが良いかもしれません。 もし法定相続人以外に相続人がいる場合も家族に事前に知らせておき、負債などもある場合も事前に知らせておく事で全相続人がすっきり出来るのは間違いないでしょう。

生前遺産分割協議をする事のメリットは

生前遺産分割協議をする事で得られるメリットは言うまでもなくもしそれが現実になったとしても、被相続人には事前に知らせていますので、遺産分割の手続きも格段に行いやすくなりトラブルも劇的に無くなるのは間違いないでしょう。 もちろん葬儀の形やお墓に関しても自分で決めておき、家族に伝えておく事で遺族も覚悟が決まっているので手続きもスムーズに進み、泥沼の遺産相続問題になる確率は限りなく抑える事が出来るでしょう。もし死後に相続人が現れた場合はその事実が確認された場合は、遺産分割協議を改めて行いその分のみの分だけ決めるだけで済みますので手続きはかなり楽になるでしょう。 しかし後から現れるのを事前に把握する為に、弁護士に依頼して生きているうちに全部確定しておくともっと楽に手続きが出来るのは言うまでもありません。